コンセプト

エグゼクティブ・コーチングにおける当研究所の考え方をご紹介します。

concept1 エグゼクティブ・コーチングの原点
concept2 プリンシプル・エグゼクティブ・コーチングとは?
concept3 エグゼクティブ・コーチングで扱うテーマ

HOME > コンセプト > プリンシプル・エグゼクティブ・コーチングとは?

プリンシプル(原理原則)に基づくエグゼクティブ・コーチング

プリンシプル・エグゼクティブ・コーチングを通してエグゼクティブが得られる成果は、「自分らしさを活かし、自ら立てた志を実現する」ことであり、その過程において6つのプリンシプルを重視しています。
エグゼクティブ・コーチングは、自分自身と向き合うことから始まります。そして、本来持っている能力や可能性を活かし、自己の価値を最大化するための6つのプリンシプルを通して成長することを支援します。

図表a

成果を創るために必要なコーチの役割

安心・安全な場の提供

イメージ写真2-1コーチは守秘義務を守り、利害関係のない中立的な立場から関わることでクライアントが安心して話すことができる安全な場を創ります。評価判断のない安心・安全な場だからこそ、自分の潜在的な能力を引き出すことが可能になります。

状況や考えの整理

コーチが状況に応じたフレームワークを提示することにより、クライアント自身が混沌とした状況を整理することを支援します。

気づきを生み出す質問

適切なタイミングで効果的な質問を投げかけることによって、自問自答のレベルを超えた気づきや発見を生み出すことができます。

鏡としてのフィードバック

クライアントが与えるインパクトについて率直なフィードバックをします。無意識に現れる感情を知ることで、自分の真意を自覚することができます。

変革実現のステップ

自分を変える個人変革から、組織変革へ

プリンシプル・エグゼクティブ・コーチングでは、本質的な変革のためにリーダーの在り方を重視し、『Be-Do-Have 変革モデル』によって、リーダーの個人変革を実現します。その次に、組織変革。組織においては、結果の質を高めるために、関係の質を高めることに焦点を当てます。組織変革を実現するためには、個人変革から始めることが不可欠になります。

図表b チーム・コーチング 組織向けに行うチーム向けコーチング。変革を確実に実現するためには、組織の関係の質に働きかける必要がある。チーム・コーチングの詳細へ エグゼクティブ・コーチング 組織のリーダー向けに行う1対1のコーチング。変革の第一歩はリーダーの個人変革から。エグゼクティブ・コーチングのサービス詳細へ

concept-3「エグゼクティブ・コーチングで扱うテーマ」

エグゼクティブ・コーチング(経営者・幹部・事業責任者)リーダー自身の変革を行い、そのプロセスを通じて組織の関係性を改善し、 ハイパフォーマンスを実現する組織へと変革するための最適な支援を行います。プリンシプル・エグゼクティブ・コンサルティング研究所への ご依頼・ご相談はお気軽に!お問い合わせはこちら